3つの幸せを目指す三幸福祉カレッジ
  • 創設ストーリー
  • 変化する介護現場
  • 求められる人材の育成

三幸の目指す3つの幸せ

  • ご利用者様の幸せ
  • 介護者の幸せ
  • 介護現場の幸せ

三幸福祉カレッジについて

創設ストーリー

2000年、私たちの心にミッションが生まれました

 「介護サービスの担い手が足りない」。2000年(平成12年)、介護保険制度のスタートに伴い、当時全国6都市に専門学校を置く、学校法人 三幸学園において、介護福祉士専門課程のノウハウを生かし、社会人向けに介護サービスを学ぶ講座を週末限定で試みました。
 最初は受講される方が数人でもとにかく始めてみようという思いでしたが、いざ開講してみると、近隣の県から電車を乗り継いで参加される方も少なくなく、介護への関心、介護を学びたいというニーズの高さを目の当たりにすることになりました。
 介護の仕事に就きたい。家族の介護に必要な知識や技術を身につけたい。受講された方々の動機は様々でしたが、そうした意欲に応えてさらに講座を充実させ、介護の資格が取得できる学びの場を提供することが、私たちのミッションとなりました。これが三幸福祉カレッジの始まりです。

介護への思いを、「日本を明るく元気にする」原動力に

 より身近な場所で、いつでも始めたいと思った時に介護を学んでいただけるよう、現在では全国14拠点を中心に約127教室において「介護職員初任者研修」の講座を開講しています。
 同時に、より質の高い介護を志す方々のために、キャリアアップのための関連資格講座をはじめ、介護福祉士、ケアマネージャーの資格取得を目指す講座を開講。介護の現場に情熱を傾けて働く方々とともに、これからの介護のあり方を考え、より幸せな超高齢社会の未来を築くことにより、「日本を明るく元気にする」という大きなビジョンを掲げて私たちは前に進み続けています。

変化する介護現場

介護とは、「人としての尊厳」を支えること

 高齢社会が進展し、誰もが要介護状態になる可能性は高まっています。こうした状況の中で、一人ひとりが、できる限り自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療や福祉サービスを受けられるようにすることが、介護保険制度の目的です。つまり、人生の最後まで「人としての尊厳」をまっとうできるよう支えることが、今日の介護のあり方だと言えます。
 「人としての尊厳」が大切にされる介護の現場では、お世話をするだけでなく、「ご利用者様の本当の幸せとは何か?」と、常に問い続ける姿勢が必要です。よりよい介護を行うために、知識と経験を積み重ねていくことも欠かせません。ご利用者様に真摯に接しながら、「介護者として常に向上を図っていく」。そんなあり方が求められているのです。

介護職は生涯を通じて自分も成長できる仕事です

 こうした介護者の質の向上に対する社会的ニーズを背景に、2013年(平成25年)4月、従来の「ホームヘルパー2級」の資格講座が、「介護職員初任者研修」に改められました。同時に、介護者が生涯やりがいを持って介護の現場・業界でキャリアアップを図っていくためのキャリアパス(専門性を身につける道すじ)も明確になりました。  三幸福祉カレッジは、介護者のキャリアアップの目標に合わせた講座を提供し、意欲の高い介護者を現場に送り出すことを通して、ご利用者様にとっても、介護者にとっても、魅力ある介護の現場づくりに貢献していきます。

創設ストーリー

今、求められているのは応用力のある介護者です

 ご利用者様一人ひとりに最適な介護を実現するためには、介護者がマニュアル通りや指示待ちの姿勢では難しいでしょう。そこで求められているのが、「自ら考えて行動できる介護者」。つまり、どんな現場、どんなご利用者様にも対応できる応用力を備えた人材です。
 三幸福祉カレッジでは、講座で学ぶ皆さんが、将来それぞれの場所で応用力を発揮できるよう、「基礎となる正しい知識」と「様々な場面を想定した技術」、そして「ご利用者様の本当の幸せを問う姿勢」を大切にした授業を行っています。さらに、その根底には私たちの教育の柱である“技能と心の調和”の理念が息づいています。介護のプロとして知識や技術は必要です。しかし、それだけでは、ご利用者様やそのご家族の真の満足は得られないと私たちは考えます。

心の交流の中に喜びとやりがいを見いだせる人に

 日常の中で、些細なことでもご利用者様やご家族と心の交流ができたときに、「この人に介護してもらってよかった」という感謝の気持ちが生まれるのではないでしょうか。また、同時に皆さんの中にも、「介護者になってよかった」というやりがいが、きっと湧き上がってくるはずです。
 “心”の通う介護、そのやりがいを伝えるために、三幸福祉カレッジでは、現場の仕事の中で実際に幾度も心の交流を経験し、その喜びを知る、情熱にあふれた介護職経験者が講師として指導にあたります。将来、たとえ困難な状況を前にしても、希望を持って介護の仕事を続けるための力となる、情熱の火をここで心に灯していただければと願っています。

講座日程・申込み資料請求無料説明会