介護事務講座

介護事業の運営に不可欠なスキルを通学3日間で習得 介護事務講座




介護事務とは?
介護施設などで受付や介護報酬請求を行うお仕事
介護事務は、福祉施設や医療機関、介護サービス事業所などでの、利用者様への介護サービスの説明、介護報酬請求業務(レセプト作成)、受付業務などが主な仕事です。介護職と介護事務を兼任する場合もあります。本講座では、介護保険の仕組みを理解し、重要な仕事となる介護報酬請求業務のノウハウを学びます。実習を中心としたカリキュラムなので、わずか3日間で、基礎から応用まで確実に学べます。
窓口業務

サービス提供事業所との連絡業務、利用者様とご家族へのサービス案内や入所手続きなどを行います。

サポート業務

ケアマネジャーの仕事や施設・事業所運営のサポートを行います。

請求業務

介護サービス費用のうち、1割を利用者様に、それ以外の9割を地方自治体に請求します。

活躍のフィールド特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスセンター、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、
療養型医療機関、在宅看護支援センター、高齢者生活福祉センターなど。


介護事務講座はこんな人におすすめ 介護現場で働く方にスキルアップに
介護職員として現場で働いていると、ご利用者様から介護保険について質問を受けることもあります。
その時に介護事務の勉強を進めておけば、介護保険制度についての知識が身につくので自信を持ってお答えすることができます。
介護事務の資格を取ることは、介護現場で働く上で確かなスキルアップになります。
就職の幅を広げてたい
介護職員として働きたいけれど、体力的に不安という方にお勧めしたいのが介護事務講座。
介護職員初任者研修と一緒に学習しておけば、現場の介護職員としてだけでなく、
介護事務としてデスクワークのお仕事をすることもできます。
家庭で介護の知識を役に立てたい方に
誰もが40歳になると介護保険に加入し、介護保険料を支払う必要がある介護保険制度。
このため介護保険制度の知識は、生活する上で知っておくと家庭でも役立つスキルです。
ご家族が介護が必要になり介護保険を利用する時にも、介護事務の勉強をしておけば、
いざという時に安心して活用することができます。
介護事務講座はこんな人におすすめ
先輩インタビュー
介護職として働く上でとても役に立つスキルです
介護職員としてデイサービスの施設で、働いています。長期的に介護業界で働くことを考えたときに、介護事務の仕事を視野に入れたいと思ったのが受講のきっかけでした。実際に勉強してみると、現在の介護職においても非常に役に立つ知識だと感じました。ケアマネジャーが作成した書類を見れば、自分が普段関わっていないご利用者様の状況がすぐに把握できますし、日頃から多かったご利用者様のサービス費用に関する疑問にも答えられるようになりました。自信を持って仕事に取り組めるようになったのはもちろん、会社からは社会福祉主事の資格を取るように勧められるなど、新たな可能性を開くことにも繋がっています。
社会福祉法人ハッピーネット ゆめの園りふれ宮原  作間健一さん
先輩インタビュー
全く知らない世界=介護を学んだので
身近な人達にも自分が身に付けたことを教えたい

自分の身近にいる大切な人やその家族に介護が必要になるかもしれないという現実があり、全く知らない世界だった介護という仕事について知りたいと思ったのが受講のきっかけです。
三幸福祉カレッジさんの雰囲気の良さに惹かれ、介護職員の基礎を学べる介護職員初任者研修と介護事務の受講を決めました。
介護事務については、覚えたことにより自分お身近な人に対して少し教えてあげられるし、これを頼むとどれくらいの費用がかかるのかということが分かったので、これから自分の身の回りで活かしていけると思います。

講座日程・申込み資料請求無料説明会