介護職員初任者研修とは

初任者研修ってどんな資格?

介護職員初任者研修は、介護の基礎から応用までを学ぶことができる、介護職としてのスタート資格です。 介護職を希望される方はもちろん、サービス業で働く方や家族介護にも役立つ資格です。 また、全国各地の施設や事業所から必要とされている介護職だからこそ、初任者研修の資格があれば全国どこでも就職・転職活動を行うことができます。

介護職キャリアアップ

実際に初任者研修を
受講しているのはどんな方?

性別は?

介護職初任者研修性別割合

介護職は女性が多く活躍しやすい業界の一つです。近年は、男性の需要も高まっており、男性の受講生も増加しています。

年齢層は?

介護職初任者研修年齢別

初任者研修は、幅広い年代の方が受講されています。10〜30代の方はもちろん、40〜60代で、初めて介護を勉強して家族介護やお仕事に活かす方も多くいらっしゃいます。

受講のきっかけは?

介護職初任者研修受講のきっかけ

受講のきっかけとして圧倒的に多かったのは「就職・転職のため」でした。介護職に就くことを考えている多くの方が受講されています。また、家族介護や将来のために学ぶ方も少なくないようです。
※三幸福祉カレッジの初任者研修を2017年1〜9月に終了した方のうち、アンケート回答者434名によるデータです。

初任者研修の活動のフィールド

施設で働く

施設で働く

施設には、利用者様が入居し生活をおくる老人ホームや、日中サービスを受けに来られるデイサービスセンターなどがあります。施設内では、食事・入浴・排泄の介助やレクリエーションなどを提供します。

訪問介護

訪問介護

訪問介護では利用者様のご自宅にうかがい、サービスを提供します。食事・排泄・入浴の介助などの「身体介護」と、洗濯・清掃・調理など家事を行う「生活介護」があります。

病院で働く

病院で働く

病院内で入院患者様に介護サービスを提供します。チーム医療を行うメンバーの一員として、医師や看護師など専門的な知識を持ったスタッフとともに、患者様の入院生活を支えます。

サービス関連職種に活かす

サービス関連職種に活かす

高齢化にともない旅行・流通・住宅など様々なサービス業界で、介護職員の知識と技術が求められています。高齢者の方がより安心して楽しめるサービスを提供することが、今後ますます重要視されるでしょう。

介護のお仕事、どんな人に向いている?

  • 人と関わるのが
    好きな人
  • 誰かの役に立つ
    仕事がしたい
  • 子育てと
    両立できる
    仕事がしたい
  • キャリアアップ
    しながら
    働きたい
  • 手に職を付けたい
  • 家庭でも
    活かしたい

介護業界について

超高齢化社会の中、人材のニーズが増加する
介護業界就職・転職を目指すなら
今がチャンスです。

日本は、人口が減少を続けていく中で、2065年には人口の2.6人に一人が65歳以上という超高齢化社会を迎えます。そのような状況下で必然的に要介護認定の高齢者は増え続け、2025年には約245万人の「介護職員」が必要といわれています。そんな今だからこそ現場に直結した本物の知識とスキルを身につけ、就職・転職するチャンスです。

不足している介護の担い手

介護業界ニーズの変化

※厚生労働省の発表を基に作成

初任者研修ページへ戻る

△介護の資格取得なら介護職員初任者研修の三幸福祉カレッジトップへ